2013年05月11日

飲泉

さてさて大分県の長湯温泉ですが温泉療養の方法として入浴以外にも飲泉を勧めています。
IMG_0020.JPG
街の何箇所かに飲泉場が設けられているようですが私たちが泊まった宿の川向かいにもこんな立派な施設が…
IMG_0021.JPG
歴史を感じさせます♪
IMG_0022.JPG
効能は「慢性消化器病、糖尿病、痛風、肝臓病」
おおっ!!!痛風に効くらしいじゃん♪♪♪
IMG_0023.JPG
では早速〜♪
鉄分を含んだちょっとしょっぱい感じのお湯ですが前にも書いた通り炭酸の濃度のせいもあるのでしょうね、飲みやすかったですよ(笑)・・・いずれにしても滞在中何杯も飲んじゃいました(飲み過ぎ?)
まあ、一日や二日で効果の出るものではありませんが、気分転換になりました♪
posted by マッキー at 12:28| Comment(4) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うちの両親は熊本の温泉町の出身なんですが
母親なんて温泉水の飲み過ぎで歯がどーたれとか言ってました
一応歯科医の娘なんですけど(爆)
飲んでいい温泉水とかだめな温泉水とか
昔はそんなに気にしてなかったですからね。
Posted by みも at 2013年05月11日 12:55
出てくるのは、焼酎のお湯割り?(爆)
Posted by イシャエビ at 2013年05月11日 16:14
>>みもさん
あっ、それよく聞きますよ!
酸性度の高い温泉を飲むと歯のエナメル質が溶けてくるのは事実だそうです。
それを防ぐためにコップではなくストローで飲む事を進めている温泉もあります(笑)
ご実家、羨ましい場所にあるんですね♪・・・内牧あたりかしら?
Posted by マッキー at 2013年05月12日 12:24
>>イシャエビさん
う〜ん、長期滞在したくなりますね(違
Posted by マッキー at 2013年05月12日 12:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。