2013年01月14日

退屈しのぎに

昨年の写真を見ていて現像の考えが少し変わってきている事に気付きました。
http://mackey1.seesaa.net/article/253057514.html
昨年京都で撮った竹林ですが前回の日記での最終形は
IMG_7166-3.jpg
これでした。
この時のポイントは竹林と共に快晴の青空を表現しようとした事。結果、かなり暗い画になっています。
で、今回ささっと弄ってみたのがこちら
Pictures.JPG
やはり主題である竹の瑞瑞しさを表現する事に目を向けると、こうなりました。
思えば去年の今頃は白飛びを意識しすぎて全ての現像が暗めになっていたのではと思います。
一部分の白飛びを気にするよりまづ、主題となるものを見やすくする事を大切にしたいですね♪

道具を揃えたらもっと良い画が撮れるのでしょうが、貧乏人のマッキーはこうした小手先の技術を磨いていくしかありませんからね!(笑)
(イシャエビさんの日記を見て僻んでま〜す!(爆))
posted by マッキー at 01:32| Comment(4) | TrackBack(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大砲を扱えるのが75歳までと考えると、高額カメラや超望遠レンズを買う機会は、今しかないので、マッキーさんのひがみ(わざと読めない漢字使ってるぅ)は無視することにしました
すみません(^_^)
ちなみに、高桑師匠はたしか75歳くらい
もう一人の「心の師匠」・・まだブログ上の交流しかありません・・は80歳過ぎです
http://blog.goo.ne.jp/tori-ken
Posted by イシャエビ at 2013年01月14日 05:59
現像もこり出すと色々悩みそうですね。
私的に上の明るさを1、下の明るさを10とした場合7くらいの明るさの絵が見てみたいかも。
Posted by まつ at 2013年01月14日 14:57
>>イシャエビさん
うちの親父もそうでしたが、老後(失礼(^^ゞ)に打ち込めるものがあるのは素晴らしいし羨ましいです。
私は10年後カメラをいじっているのか、はたまた釣り竿を握っているのか・・・乞うご期待(爆)
Posted by マッキー at 2013年01月14日 17:37
>>まつさん
あんまり意味ないと思いますよ・・・モニターの特性や輝度設定でも別物に見えますから(笑)
だからこそRAW編集もこれぐらい極端にしないと♪
Posted by マッキー at 2013年01月14日 17:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/313187834
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。