2012年12月10日

気にいってもらえるかしら?

栗林シリーズは終わりと言いながら(笑)
ここに写真を貼ると皆さんから評をいただけるので一枚だけ隠しネタを・・・実はダメ出しが怖くてお見せできなかったのですが(汗)
IMG_9640.JPG
今回撮影した300枚(気にいらないものは削除したりして200枚以下になりましたが)の中で一番気に入った画なんですが・・・皆さんはこの写真を見てどう感じられますか?
1)技術的に拙い点とか・・・
2)構図として物足りないとか・・・
3)色合いとして紅葉を表せているか?とか・・・
4)白飛びしてんじゃん、論外!とか・・・
もしよろしければ率直なご意見を♪
宜しくお願い致します。
posted by マッキー at 00:39| Comment(12) | TrackBack(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
え?これ白飛びしてるんですか?
分かりません~(=^‥^A
Posted by みも at 2012年12月10日 08:24
色の華麗な混じり合いってところですね。私もこの手の写真を撮って、いつも思うのは、濃淡というか光量の差の大きいのをどう処理するか?と黒い木の幹をどの程度取り込むか?の二つが問題になります。
光量の方は余裕がある状況ならrawで暗めに撮って現像でレタッチするってところですが、これは邪道と言えば邪道。黒い幹や枝の方は結局は主題ではないので控えめにして紅葉の色混じりによる効果を強調するのがいいという感じがしています。
色の混じり具合は非常に好きですし。木漏れ日を少し強めに撮っているのも意図的かもと思って見てました。thanks!
Posted by toshiya at 2012年12月10日 11:15
私に評価出来る訳もなく・・・。

でも、でも、木の幹がとても
遠近感があるのでビックリしてますょ。

凄いと思います。お世辞なしに。
Posted by ウルフガング at 2012年12月10日 16:38
絞り開放にこだわってられるようですが、ちょっと絞れば違った画像になると思うのですが・・・。
Posted by NAY at 2012年12月10日 18:49
絵を四分割すると、右下部分はプロの写真のようです♪
幹だけですっか などと怒らないで(^_^)
写真全体を見ても、遠近感が良く出ているなという印象です
私には、こういう写真は撮れないので、これ以上批評ができません(-_-;)
Posted by イシャエビ at 2012年12月10日 22:07
>>みもさん
木立の向こうは快晴の青空のはずなんですが(汗)
Posted by マッキー at 2012年12月10日 23:14
>>toshiyaさん
ありがとうございます・・・ほぼ私の視点を網羅いただけて♪
微妙な色の変化なのですが、偶然うまく表現できている感じなのがちょっと嬉しい(笑)
幹が黒ベタになるのが悪い癖だったのできちんと幹の表情も捉える事が出来たかなと。
光量ですがご指摘の通りRAW処理してます。画面設定で常に白飛びを監視してます・・・結果どの写真も暗め暗めとなりますが、いわゆる現像の楽しみはまた格別ですので(笑)
RAWは昔は?でしたが今は王道ととらまえています♪
Posted by マッキー at 2012年12月10日 23:22
>>ウルフガングさん
ありがとうございます。
大きな木の、枝ぶりを広がりのある画にまとめられたかなと・・・ここを見てもらえるとうれしい〜♪
Posted by マッキー at 2012年12月10日 23:26
>>NAYさん
確かに!初めてマクロを使ったのでうれしくてf2.8はほとんど変えていません(笑)
木の葉をもっと鮮明に描けたかもしれませんね・・・う〜ん、流石に鋭いです・・・ありがとうございます!
Posted by マッキー at 2012年12月10日 23:30
>>イシャエビさん
あ〜、なるほど。画面を分割してポイントを見ていくという発想が足りませんでした!
左下は余計な杭とか見極めが出来ていませんし、NAYさんが仰られてますが上は葉っぱがピンボケで締まりが無くなってますね(汗)
修業が足りんか・・・(涙)
アドバイスありがとうございます♪
Posted by マッキー at 2012年12月10日 23:33
マッキーさん、携帯の方に連絡いれてるんですけど確認できてますかー?
Posted by らるふ at 2012年12月11日 10:33
>>らるふさん
すみません、返信しました〜!
Posted by マッキー at 2012年12月11日 21:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。