2012年11月07日

異次元の

面白いですね
IMG_9407.JPG
晩酌しながらの遊びですが
IMG_9405.JPG
ちょっと視点が変わるかな
IMG_9408.JPG
ストロボも要らないし
IMG_9409.JPG
デザートも美味しそう
IMG_9417.JPG
シャッタースピードもあまり気にしなくても大丈夫なようです♪
posted by マッキー at 21:14| Comment(8) | TrackBack(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ワーキングディスタンスがかなりちかそうですね。
Posted by toshiya at 2012年11月07日 22:00
マッキーさんの腕なら、シャッタースピード気にしなくても大丈夫かもしれませんが、普通通り50X1.6=1/80秒を確保されることをお奨めします
Posted by イシャエビ at 2012年11月07日 22:08
確か等倍まで寄ろうと思うとレンズ先数Cmしかワーキングディスタンスが無かった筈です。
付属のフードを付けるとぶつかったような。笑
等倍に拘らなければそこそこ明るいし遊べると思います。
Posted by まつ at 2012年11月08日 07:26
>>toshiyaさん
ワーキングディスタンスの意味そのものを理解するところから勉強です(笑)
Posted by マッキー at 2012年11月08日 20:29
>>イシャエビさん
この公式自体も理解出来てません(汗)
Posted by マッキー at 2012年11月08日 20:31
>>まつさん
等倍もまだ理解しきれていません(涙)
やはり基本を知っておかないと撮影失敗しそうですね・・・こりゃ大変!(笑)
Posted by マッキー at 2012年11月08日 20:32
通常、手ぶれしないシャッター速度は、焦点距離の逆数(50mmなら1/50秒)以上とされています
Kissシリーズや、私の7DなどのCMOSセンサーは、画像がフルサイズの1.6倍のサイズになるため(言い換えれば、それだけ小さい)、それをかけ算した50X1.6分の1の速度が必要になります
手ぶれ補正がついたレンズだと、3〜4段階遅い速度でOKですが、「手ぶれしない」と「写真がぶれない」は同義語ではありませんのでご注意を
Posted by イシャエビ at 2012年11月08日 21:50
>>イシャエビさん
フルサイズだと写真の質が高いのはそういう事なんですね、もう少し勉強します♪
Posted by マッキー at 2012年11月08日 22:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/300819862
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。