2012年05月01日

父の傑作フォト

写真の話になるとふと亡き父を思い出します。
仕事一筋だった父が定年後、始めた「初めての趣味」だったのではないでしょうか。
最初はヘタクソで私は何とも言えませんでしたが、兄貴ははっきり「センスがない」と笑っていたので本人は本気で怒ってました(懐
しかしその後すぐに病に倒れ、十分とは言えない体調の中でも写真を続けた結果・・・
IMG_8017.JPG
約10年でこんな賞をもらえるまでになりました。
モデルは単なるネコジャラシとベニシジミですが
IMG_8021.JPG
親父の口癖だった「写真は光を写す」を地で行った作品でした。
ちなみにいつどうやって撮ったのか記録がありませんが、とにかくデジカメの無いフィルムの時代ですからよほど努力したのでしょうね。
また、この6年後には今度は自由写真部門で銀賞を取るまでになりました。
http://www.fujifilm.co.jp/fpc/fpc2000/fpcjsil13.html

とあるプロび〜ブログでこの写真の話が出たので実家に行って撮影してきましたが、作品展示のパネルをそのまま写したのですが実物はもっときれいです♪
私は親父のDNAのうち「努力」の部分を遺伝していないのでこんな写真は撮れないという事を一言お断り申し上げときます(笑)
posted by マッキー at 18:34| Comment(12) | TrackBack(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
6年後の写真は以前もご紹介されてましたね。
覚えてますよ〜
マッキーさんもまずは応募しなきゃ
賞はいただけませんよ(笑)
Posted by みも at 2012年05月01日 22:29
何をおっしゃいますかマッキーさん。
素晴らしい画を沢山、撮られている
じゃないですか!!
Posted by ウルフガング at 2012年05月01日 23:15
素晴らしい写真ですね、私もこんな写真が撮りたいです。

デジタルだと気楽にシャッターが押せ過ぎて上達(考え)しないのかもしれませんね。
フィルムだとフィルム代から現像プリント代とかかるので、撮る前に考えて撮る気がしますが。
Posted by まつ at 2012年05月02日 04:19
リンクをたどって#51フジコン大賞「雨氷を纏う」を知りました。デジカメの乱立時代に気軽に使っている(ずぶの)素人ですが、シャッターチャンスというものを意識させられました。一期一会と同じ精神なんだろうかと。
ボートのわだちの写真も素晴らしいです。気付きをいただきありがとうございます。
Posted by toshiya at 2012年05月02日 08:33
昨日、展示してあった写真を受け取りに、前の病院へ行ったら
「今度は、風景の写真にしてください。カワセミの写真にはあきました」と言われてしまいました(^_^;)
マッキーさん親子の写真見て、勉強し直します
toshiyaさんにも、見放されないように(爆)
Posted by イシャエビ at 2012年05月02日 14:07
拝見いたしました。眼福であります。

努力遺伝しませんが、内面から沸き出ものでもあります。「継続は力なり」これを努力と申します。自然体のマッキーさんの趣味が続くことで、これからも応援し続けることでしょう。

私は見てきましたし、これからも見続けます。
専門家から見れば、わたしもマッキーさんも同じようなものですから、一緒にがんばりましょ。
Posted by へー at 2012年05月02日 19:14
>>みもさん
言われてみれば仰るとおり・・・おやじは賞金どうしたんだろうなあ(笑)
私は出品費用で持ち出しになりすぅ(涙
Posted by マッキー at 2012年05月02日 20:17
>>ウルフガングさん
ありがとうございます。
励みになりますが現実は厳しい(汗
Posted by マッキー at 2012年05月02日 20:18
>>まつさん
その通りです。
今でこそ好きなだけ撮って良いもの選べば済む話ですが昔それをやったら財布が持ちませんよね(笑)
Posted by マッキー at 2012年05月02日 20:19
>>toshiyaさん
拙日記へようこそ♪
私もデジカメ世代ですので気軽に楽しんでいます♪
父は銅賞・銀賞と来ましたがグランプリの方はやはり一味違いますね!良い所は真似して励みたいですね。
Posted by マッキー at 2012年05月02日 20:27
>>イシャエビさん
そう言わずカワセミで極めてください!
私は花も神社もリアクションが少なくてテンションガタ落ちです(泣)
Posted by マッキー at 2012年05月02日 20:29
>>へーじさん
そう言っていただけて親父も喜んでいると思います♪
自分はまだ努力が足りませんが精進しないといけませんね(笑)
Posted by マッキー at 2012年05月02日 20:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/267986651
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。