2012年02月27日

絶対味覚とはいかないまでも

週末にかけてなんだかんだと忙しくサボってました、おかげでネタは満載です(笑)
今回はお酒ネタで・・・
前回買った廉価ワインのうちイタリアの赤が美味しいと次女が言うのでリピートです。
前回はこちら
http://mackey1.seesaa.net/article/252494674.html
比較するものは?という事で、飲んだ事のない赤を一緒に買ってきました(2本で1,500円也)。
んでもって、せっかく比較するんだから、という事で2本同時に開けちゃいました・・・まつさん喜びそう♪
IMG_7416.JPG

まづはサニークリフ・シラーズ(オーストラリア=左)
開栓して(といってもスクリューキャップ)香りをかいで・・・
「うっ!?」
初めて「アンモニア臭」と言われるものを実感しました。グラスに注いで空気に触れるとその匂いはすーっと引いたので一口飲みましたがなかなか鋭い、でも渋みがすぐに消えていきます。
安いボルドーっぽい感じですね。
続いてはモンテネヴォーゾ・モンテプルチアーノ(イタリア=右)、これが前回好評だったやつ、渋みとコクがほどほどあって飲みやすい・・・でもこんな味だっけ???
次女に訊ねると「おんなじじゃん、わかんないの?」と返されてしまいました。
実は次女は料理好きが高じてそちらの道に進むのですが、確かに小さい頃から味覚嗅覚に優れていたようです。
香りや味を覚えられるっていうのは一芸だな、と感心してしまいましたが皆さんはいかがですか?私はその場で感じたまま「おいしい」「まずい」って言っちゃうだけなんですが・・・(笑)
まあ、次女はその味覚で食っていこうとしてるんだから当然か!?
家での食事中も、色々教えてくれるのでこのワインにはこのチーズ、この料理にはこのワインなどと楽しませてもらってますが、いよいよ春からは東京に就職です。
このワインならこの料理なんて講釈を聞けるのもあとわずか・・・
この先生(笑)がいなくなるとマイワインブームも去ってしまうかも(涙)

そういえば少し先ですが次女の学校で成果発表会らしきものがあるようです。
http://www.tsuji.ac.jp/oshirase/cat501/2012_1.html
関西地区の皆さん、出来ましたらお越しください、タダじゃないけど安くてうまいもんがい〜っぱい食えるそうです♪
酒が飲めればオフ会の会場にしちゃうんですが(爆)




posted by マッキー at 13:38| Comment(8) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こう言うオシャレなグラスで頂きたいものです。笑

発表会には水筒に入れて持ち込みますか。爆
Posted by まつ at 2012年02月27日 13:53
ちなみに右の赤いビンは何に使うんですか?
Posted by まつ at 2012年02月27日 14:33
フランスワインは少し勉強しましたが、イタリアまではたどり着けませんでした(爆)
Posted by イシャエビ at 2012年02月27日 15:25
成果発表会って…
美味しいものいっぱい食べられるんですね(゚∀゚)
裏山〜〜〜〜!!!!!
Posted by みも at 2012年02月28日 06:56
>>まつさん
お酒を飲まずに美味しく頂けるのも、調理の妙でしょう!

Posted by マッキー at 2012年02月29日 07:16
>>まつさん
これはデキャンターです。
デキャンターは主に赤ワイン、特にヴィンテージ物はワインを開栓してから空気に触れさせる事によって香りが大きく変わります。
これを楽しむのもワインの醍醐味ですが、それを楽しむような高級ワインは買えません(涙)
でも味も香りも変化する事は確かめられますのでトレーニングのつもりで♪
それともうひとつ、飲み残しを保管しておくにはデザイン的にも抜群で(笑)
Posted by マッキー at 2012年02月29日 08:14
>>イシャエビさん
勉強?ただ飲んでるだけです(汗)
Posted by マッキー at 2012年02月29日 08:16
>>みもさん
楽しみにしてます。
でも一般客も来られるそうで蘭展並みの混雑かも(笑)
Posted by マッキー at 2012年02月29日 08:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。