2011年12月20日

本命

京都・嵐山花灯路2011の最終回です♪
渡月橋とバックの山々がライトアップされて幻想的でした。

togetsu 2.jpg
私はこちらの写真が良いと思ったのですが

togetsu 1.jpg
家族はいずれもこちらが良いと・・・

皆さんはどちらがお好みですか?

さて渡月橋を渡り阪急方面へ・・・

togetsu 3.jpg

togetsu 4.jpg

最後まで楽しめました♪
寒かったので

togetsu 5.jpg

豚まんに甘酒〜♪  京都の夜を満喫できました(笑
posted by マッキー at 23:24| Comment(6) | TrackBack(0) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんはぁ。
私も一枚目が好きです。
若干、山のライトアップが際立っているように
思えますので。でもどちらともとても
綺麗です!!
「だしが決めて」の豚まんってどんなのか
とても気になりましたょ。

Posted by ウルフガング at 2011年12月21日 00:52
上の写真の明るさで下の写真の構図だと最高かも。笑
下の写真の奥行き感が好きです。
でも暗い中良く取れてますね、手持ちでしたっけ?
Posted by まつ at 2011年12月21日 06:21
>>ウルフガングさん
ありがとうございます。
上の方がシャッター速度が半分、明るいわけです。
豚まん、ジューシーで美味しかったです♪
Posted by マッキー at 2011年12月23日 07:06
>>まつさん
さすがに渡月橋だけは三脚を使いました♪
Posted by マッキー at 2011年12月23日 07:08
これは難しいシチュエーションに取り組まれましたね。写真としては、雰囲気が良く出ていていると思います。
難しいというのは、明暗差が大きいの一点です。富士山の撮影でもこういうことがあります。山の明るさと町明かりの明るさが大きい場合です。こういう時の工夫ですが、私はハーフNDフィルター(四角の形状で手持ちでかざしたりします。上半分が透明、下半分がND)や手かざしで、露光時間をみながら明るいところの露光を抑え、暗いところの露光をカメラ任せにして何枚かとりながら様子を見ます。手かざしはかなり賭け要素が強いですが。参考までに。

どんどん挑戦してくださいね。これまでの経験が積み重なりきっと良い下地が固まってきていることと思います。私もがんばりまーす。
Posted by へーじ at 2011年12月23日 08:57
>>へーじさん
いつもご指導ありがとうございます。
NDというと普通のフィルターを連想していましたが、板状のハーフとは・・・この写真にまさにぴったりでした・・・来年までに調達しますか(笑)
Posted by マッキー at 2011年12月23日 23:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。