2009年11月09日

紅葉 序

日曜日、出かけるつもりが二度寝の末バスの時間を過ぎてしまいました(涙)
で、うじうじしてたのですが我慢できずに車を借りてお昼過ぎから出かけました。撮影は午前中に! の鉄則を破っての強行軍だったのですが案の定名所は駐車場も満車との情報・・・そこで道の途中でちょっと良い景色があったので寄り道です♪
紅葉探し0.JPG

紅葉探し1.JPG

紅葉探し2.JPG
曇り空の中から時々お日さまが顔を出すまづまづのお天気でした。

で、なんとか渓谷へたどり着きましたが結論から言うと・・・
紅葉探し7.JPG

紅葉探し9.JPG
見ごろは終わってしまっていたようです〜残念!

で、今回初めてカメラのRAWという機能を使える撮影をしました。
帰宅してから色々いじらせていただいたのですが、この機能の優れたところは、本来撮影時に決定しなければならない露出やホワイトバランス、ピクチャスタイルなどを編集で変えられること。
慣れないため大変な時間を使ってしまいましたが一寸考えてしまったのがこれ。

撮影した画=ホワイトバランス(以下WB)オート
wb2.JPG

RAW編集=WB 日陰
wb1.JPG

どうです?まるで雰囲気が違います。
人間の記憶はあいまいなものでどっちが実際の景色に近いんだ?と問われても答えられません(汗)
自分は撮影した画像が自然体であると思っていたのですが、先輩方がRAW撮影を勧める理由がこれだったんですね!
今までの私の写真はいったい・・・悩んじゃいますねぇ〜。
posted by マッキー at 00:56| Comment(22) | TrackBack(0) | 広島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
最後の写真、全然違って見えますね〜。
写真を撮った後に編集できるのって、何かすごいなぁ。
タイムマシンみたい。
どうにでもできちゃうんですかね?
だったら、技術もへったくれもあったもんじゃないですね(笑)
・・・って、そこまではいじれないのかな?(^^;
綺麗な写真を撮るのと、綺麗に写真を見せるのって違うんですかね〜。

う〜ん。。。確かに悩んじゃいますね(笑)


リンク、ありがとうございました!
先ほど完了しましたっ!(^^)
Posted by ほんだし at 2009年11月09日 01:25
うひゃ〜、全然変わっちゃうんですね〜
RAWって膨大な容量を喰うってことくらいしか知りませんでした(汗)。
記録メディアの大容量化・低価格化があっての楽しみ方ですかね。
Posted by はるあつパパ at 2009年11月09日 06:27
おはようございます、honeです。
何気ない風景まで「秋色」になってしまうんですねぇ…上の写真が「実際の目」に入った光景で下の写真が「心の眼」で見た写真、といったところでしょうか。面白いですねぇ。
Posted by hone at 2009年11月09日 11:18
うちの近辺はまだ紅葉してないです。
っていうかいきなり落ち葉になりそう。

最後の写真、やっぱり写真と言うより、
人は目や感性で見た物を楽しまないと、と思いました
Posted by kazu_don at 2009年11月09日 12:20
一枚目なんかとっても綺麗に紅葉してますね、我社なんか今年は夏場の天候不順で紅葉する前に落葉してしまってます。

ついにRAWデビューですね、私もデビューしようかな、、、、。
Posted by まつ at 2009年11月09日 19:39
今晩は〜
先日は、細かく、御親切なコメントを有難うございました!!!
最後の写真は、本当に違いますね。
日陰!?モードは、素人的に、不自然に感じました(見逃して下さい)
勝手な事、言うよね〜
Posted by ミーコ at 2009年11月09日 21:17
RAWも使い慣れると良いんでしょうね!
私は面倒で・・・
いつも普通に撮ってます(*^_^*)
Posted by もこもこ at 2009年11月09日 22:01
お〜、西日本はもう良い色になってるんですね〜。東海地方はまだちょっと早いようです。もう一回寒波が来てからかなぁ〜
Posted by よしきち at 2009年11月09日 22:17
ミーコさんと同意見で、実際に日陰で撮影しても、日陰モードは使わず、オートのままにしています
結局、オート以外で良く使うのは、太陽灯と白色蛍光灯のみで、時々色温度をいじるくらいです
Posted by イシャエビ at 2009年11月09日 22:31
紅葉が綺麗になってきましたね。
うちの周りは、もう少しです。
コンデジでもホワイトバランスで、
まったく違う色になります。
リコーはどちらかと言うとオートが下の色に近いので、
ホワイトバランスを調整して自然の感じに
戻して撮影しています。
Posted by トロン at 2009年11月09日 23:06
今晩は〜。

いい空気感が出ていますね。
秋らしくて一番上がいいですぅ。

わたしは、RAWからの現像で
ライト・中間・シャドーと調子の調整を好みに合わせて
調整できるので仕事で大変重宝しています。(データー救済のため)

photoshopもカメラ純正ソフトに劣らず
RAW展開が面白いです。

次は、シャープネス効果はどうでしょうか?

見栄えがかなり変わりますヨン



Posted by keeper_bee at 2009年11月10日 00:56
>>ほんだしさん
コンデジでも晴天とか曇りとか蛍光灯とかありますよね、あれの設定を間違えたら変に青っぽい色になったりオレンジ色に染まったりしたことありません?(笑)
用は殺意エイジにそのような設定を決めることでよりリアルな色を表現するわけですから厳密にいえば「少しだけ失敗が減った」程度と考えるべきでしょうね!
もちろん構図やピントは変えることはできませんし怒った顔を笑顔にすることもできませんから写真の醍醐味は全然失われてませんよ♪
Posted by マッキー at 2009年11月12日 20:53
>>はるあつパパさん
正直オフィスのピクチャマネージャーと大して変わらんのでは?と思ってましたが・・・
おっしゃる通りものすごい色情報が蓄積されてるんですね!
確かに昔の16MBのSDカードでは使い物になりませんね(笑)
Posted by マッキー at 2009年11月12日 20:56
>>honeさん
人間の目と脳というのはものすごく優秀でちゃんとイメージを作ってくれますが、写真はあくまでその一静止画像に過ぎないんですね(笑)
人の心にどう届かせるかが撮影技術なのかなと思い始めてます♪
Posted by マッキー at 2009年11月12日 20:59
>>kazu_donさん
おっしゃる通りで写す側は感性に訴える画を作らなければと思います。
Posted by マッキー at 2009年11月12日 21:00
>>まつさん
まつさんも画像編集の段階で色とかをいじったことはあると思うんですが…RAWは現実味のあるデリケートな修正が出来ますね!
実際に撮った写真と水槽を比べて修正する・・・きっと面白いと思う♪
Posted by マッキー at 2009年11月12日 21:03
>>ミーコさん
例えば日陰モードの画をさらに光を薄くして赤みを修正すればautoの写真より実際の色に近付くと思うんですよ(笑)
今回は比較の意味でわざとモードを変えただけの比較をしてみましたが、みなさんの反応も大変参考になりますよ(笑)
勝手だなんてこれっぽっちも思ってませんから〜♪
Posted by マッキー at 2009年11月12日 21:09
>>もこもこさん
確かに面倒…でも厳密にいえば慣れていないからということです、面白さがわかると面倒なんてセリフはどこかへ飛んでいっちゃいます(笑)
Posted by マッキー at 2009年11月12日 21:42
>>よしきちさん
暖かい瀬戸内の事ですから平地の紅葉はこれからですよ♪
Posted by マッキー at 2009年11月12日 21:43
>>イシャエビさん
確かに色温度をいじればモード設定より細かい描写が可能ですね!
Posted by マッキー at 2009年11月12日 21:46
>>トロンさん
カメラによって色が違いますよね! こえはレンズの影響だったりカメラメーカーの志向性であったり・・・だからこそRAWが必要となってくるんですね♪
Posted by マッキー at 2009年11月12日 21:47
>>keeper_beeさん
シャープネスとコントラストもすごいですね!ボケボケを鮮明に変えてしまうイメージです(笑)
微調整できるカラーをもっと細分化できれば正しい(?)写真が出来るんですがそのあたりはプロにお任せしますぅ(笑)
Posted by マッキー at 2009年11月12日 21:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。