2009年05月31日

広島散歩

撮影の練習と言う訳で標準ズームだけセットしてお散歩です♪
へーじさんは何げない看板や公園のベンチ、建物などまでターゲットにしてしまいます・・・それを見習ってと思いましたが結論は・・・マッキーにはまだ早い!(涙)
と言う訳でわかりやすい被写体に当面は絞ります(笑)
でもこれが難しい・・・以前撮影の原爆ドームについてへーじさんのコメントは・・・

原爆ドームを遠めで撮ると、誰もが撮る記念写真となってしまうので、遠景の一部に入れて花や記念碑の背景にしてしまうか、ドームの傷跡を接写で撮影してしまうとか。。ドームを使って何を(平和?物悲しさ、観光化へ抵抗?)表現法を用いて(パンフォーカスで、背景ぼかしを生かして、マッキーさんの思いや意図が旨く出ていれば合格!

というものでした。
そこでこんな構図で撮ってみました。

若者たち.jpg

子供たちが熱心にドームを見学しています。
若い子たちが戦争の悲惨さ、平和の尊さを学んでくれれば…と言うメッセージを込めたかったのですが。
でもあとで気づいたのですが真ん中の二人の間から帽子をかぶった人がちらりと見えますがおそらく地元のボランティアのガイドさん・・・こういう写真を撮るなら「年配のガイドさんの説明を熱心に聞く若者たち」という画にした方がよりメッセージ性が引き出せますね!
これを現場ですぐに引き出せる眼力がまだまだ足りないようです(涙)

またここは世界遺産ということで外国人観光客も多い所です。

観光客.jpg

世界中の人々が平和を第一に願ってくれますように・・・。

続いて公園に続く端から係留されている船を狙いましたが・・・

船.jpg

へーじさんに露出をオーバー目にとアドバイスをいただいたのですが・・・イメージが合いません・・・ひょっとしてかなり難しい題材を???

あと広島らしい風景はこれでしょうか。

広電1.jpg

元画はこちら

広電2.jpg<

自宅玄関前からの撮影です・・・ビルの間からみえるので定点観測でも(笑)



修業はまだまだ続きます♪ 
posted by マッキー at 03:46| Comment(4) | TrackBack(0) | 広島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
時間があれば、ドンドンいきませう!
構図として面白いと感じたのは最後の写真ですが、好みの問題です。

カメラを持たない時は、雑誌や電車の広告、スポーツ新聞、駅の広告など、プロフェッショナルが撮る何気ない写真にも学びましょう。改めて見るとなるほどとうなづけるものが見えてくるはずです。

そんなインスピレーションを頭にインプットして”真似してみる”ことも重要です。真似たところで上手くいかないものですが、なぜ?を追求することで上達します。稲葉選手もバッティングの極意は“真似すること”と言っていました。その真意は上記と同じだそうです。
曇天時の撮影時における露出の調整を言葉で伝えるのは私には、非常に難しいです。暗めに撮って、アフターレタッチで調整すると伝えたほうが簡単かな? 研究してみてください。
Posted by へーじ at 2009年05月31日 07:38
広島は何度か行っているのだが?
路面電車が合ったのですね?
神戸しか覚えていません。

玄関前からこの写真が撮れるとなると、どこで寄り道しても午前様で帰ってこれそうですね。
広島の屋台は何が旨かったのか忘れました。
Posted by きんせい at 2009年06月01日 22:25
大変そうですけど
構図も考えて撮って、思うような写真撮れたら、うれしいでしょうね(*^_^*)

Posted by もこもこ at 2009年06月02日 18:58
>>へーじさん
釣鐘の写真の編集は大変参考になりました、ありがとうございました。
電車の写真、色々撮ってみようかな♪

>>きんせいさん
路面電車の規模、経営の両面とも日本最大なのが広島電鉄なのではないでしょうか?・・・いつも満員ですよ♪

>>もこもこさん
そうですね、いつかは傑作を!と思って遊んでますぅ♪
Posted by マッキー at 2009年06月02日 22:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/120524806
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。